読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録  ―マイ(ス)ペースで日々を愉しむ―

登山・自転車などのアウトドア的な日記が中心 併せて立ち寄った温泉やグルメなどについても記録としてまとめています

2016/02/11 【サイクリング】  ヤビツ峠を越えて小田原まで   -首都圏近郊の展望峠へ-

  • はじめに
    2月に入ってから、週末毎に所用が入っておりなかなか外に出かけて体を動かくことができそうもない。そんな中、建国記念日(11日)は幸い予定がなく、さらに天気予報もすこぶる良い。当初は連休でもなく1日だけの休日だったので、遠出はするつもりはなかったのだが、急きょ外へ出かけることにした。最近は登山ばかりだったが、今回は1月半ぶりの自転車。首都圏に引っ越してきて、かねてから訪れておきたかった、ヤビツ峠に向けて、サイクリングへ出かけることにした。
  • 今日のルート

    今回も、前回と同様、自宅から片道自走し、帰りは温泉に入ったのち輪行して帰ってくるルートどりを考えた。
    自宅から、橋本まで行き、宮ケ瀬ダム方面へ、その後、宮ケ瀬北岸林道を走り、県道70に合流後は、ヤビツ峠へ。 ヤビツ峠付近では秦野の景色を楽しみながらダウンヒルし、R246へ。R246合流後は、有名なラーメン屋「なんつっ亭」(食べログリンク)にて昼食をとったのち、日帰り温泉施設のある小田原鴨宮方面へ。最後は小田原駅より輪行して帰ってくるルート。総距離90km程で、適度なツーリングコース(のはず)だ。朝8時に自宅を出発し、3時ごろには輪行開始できるだろうと高をくくっていたのだが・・・・
  • 時系列
    8:15 自宅出発 この時点で15分遅れ。まぁ、すぐに取り返せるだろう・・・
    8:20 石田大橋通過   富士山が見える抜群の快晴

    f:id:dreamer61:20160213190403j:plain

    9:00 橋本手前の御殿峠着 程よい上り坂でウォーミングアップ 

    f:id:dreamer61:20160213190404j:plain
    9:15 橋本のタワーマンション前着 のどかなベッドタウンらしき風景にこのマンションが建っている風景はなんとも異様な気がしてしまう。f:id:dreamer61:20160213190405j:plain

    国道413分岐 今回は、津久井湖方面へは行かないため、そのまま直進(左方向)
    f:id:dreamer61:20160213190406j:plain途中迷いつつ、県道小倉橋を渡る。 新旧の橋が並んでおり、きれいなアーチが素敵だった。f:id:dreamer61:20160213190407j:plain反対方面。河岸段丘による地形の上下が激しいf:id:dreamer61:20160213190408j:plain9:50串川橋交差点着 左へf:id:dreamer61:20160213190409j:plain 途中人でにぎわっていたパンやに休憩がてら立ち寄る・
    オギノパンといい、丹沢あんぱんや、揚げパンで有名?らしい。f:id:dreamer61:20160213190412j:plainアンパンの種類が多くあったが、「こしあん」・「紅いも」の2個を購入(1個140円)。 小学校時代が懐かしい、机にて1つを行動食がてら食す。f:id:dreamer61:20160213190410j:plainf:id:dreamer61:20160213190411j:plain
    サイクリングコースの途中にあるためか、ロード用のスタンドも完備されている。 宮ケ瀬ダム方面へサイクリング中に休憩するにはちょうど良い施設かもしれない。(トイレもある)f:id:dreamer61:20160213190413j:plain程よく休憩をとった後、宮ヶ瀬ダム方向へ向け右折。f:id:dreamer61:20160213190414j:plain10:20 神奈川県立あいかわ公園着。 
    宮ヶ瀬ダムに直接近づけるのかと思いきや、どうやら公園として整備されており、自転車に乗って近づくことができないことが発覚!
    それなりにダウンしてしまっていたので、来た道を引き返す、自転車を押しながら宮ヶ瀬ダムまで歩くことにした。f:id:dreamer61:20160213190415j:plain
    10:35宮ヶ瀬ダム前到着 
    遊歩道を15分ほど自転車を押しながら歩いたことになる。
    向かって左手には、ちょうど動き始めたインクラインが映っている。f:id:dreamer61:20160213190417j:plain
    ダムの上からダム湖方面の景色。雪をかぶった丹沢が見えている。f:id:dreamer61:20160213190418j:plain
    反対方面の景色 横浜のビル郡も見えていたが、やはりスマホのカメラでは厳しかったか・・・・f:id:dreamer61:20160213190419j:plainダム横の管理事務所から続くトンネルを抜けるとゲートが。
    自転車か歩行者しか通ることができない様子。(ゲート開閉時間にも注意)
    早朝などは要注意だろう。f:id:dreamer61:20160213190420j:plain
    10:50 湖岸の小さなアップダウンを経て、鳥居原園地着 サイクリストのほか、バイクツーリングの団体など多くの人でにぎわっていた。
    そそくさと、写真だけ取って先へ進む。f:id:dreamer61:20160213190422j:plain
    11:00 宮ケ瀬湖畔園地着 持参したおにぎりを食べ、エネルギー補給をしておくf:id:dreamer61:20160213190423j:plain
    なお、外食店も多くあるので、こちらも休憩個所として利用価値が高い様子f:id:dreamer61:20160213190424j:plain
    いよいよ、本日の目玉、ヤビツ峠へ向かう。(右折)f:id:dreamer61:20160213190425j:plain峠道序盤は2車線道路だが、、、f:id:dreamer61:20160213190426j:plain
    程なくして1車線道路となり、いよいよ峠道の様相を呈してくる。f:id:dreamer61:20160213190427j:plain
    裏ヤビツは渓流沿いに緩やかに高度を上げていく。f:id:dreamer61:20160213190428j:plain
    塩水橋から別斜面のトラバースが始まる(見づらいかも知れないが、多くの登山客の車も止まっていた。おそらく丹沢山に登山しているのだろうか。)f:id:dreamer61:20160213190430j:plain
    路肩には雪が多く残っているものの、路面自体にはあまり雪はない。f:id:dreamer61:20160213190431j:plain
    もちろん、日当たりのよい箇所では雪は残っていない。一方で、日陰となっているところでは、局所的に凍結している箇所もあるため、ダウンで通る場合は要注意かも知れない。
    (この日、ダウン中に転倒したと思われるサイクリストもいた)
    f:id:dreamer61:20160213190429j:plain
    途中、一箇所、舗装をやり直している箇所があり、半ダート状態。こちらも、ダウンで通るローディーは要注意かも。
    f:id:dreamer61:20160213190433j:plain
    12:00 秦野市に入るものの、のぼりはまだまだ続く。(峠が市境ではないのが意外)f:id:dreamer61:20160213190432j:plain
    12:25 気まぐれ喫茶前、通過。 f:id:dreamer61:20160213190434j:plain
    護摩屋敷の水汲み場まえ通過。 水汲み場までの道は、除雪されていなかったため、今回は立ち寄らなかった。 先ほどの気まぐれ喫茶からここまでが一番しんどかったかも。
    f:id:dreamer61:20160213190435j:plain
    丹沢表尾根登山口分岐 登山で2回来ていたが、ついに自転車で訪れることができた。 
    ここから峠まで、そこまで斜度がきつくなかった記憶を基に、少しペースアップ
    f:id:dreamer61:20160213190436j:plain
    12:40 ヤビツ峠着 かれこれ上り始めから2時間近くかかってしまった・・・
    きっと写真を撮って休憩してしまっていたのが大きい・・・ハズ
    f:id:dreamer61:20160213190437j:plain
    峠でトイレを済まし、体が冷える前にダウン開始。 
    ダウン中の展望ポイントにて (なお、峠からは景色はよくない)
    f:id:dreamer61:20160213190438j:plain
    南側は、斜面を豪快にトラバースしている様子が分かる
    f:id:dreamer61:20160213190441j:plain
    さらにもう少し下ると、富士山が出迎えてくれる(残念ながら、スマホカメラだとはっきりと映っていないが、写真右手の木の奥にうっすら白く見えているのが富士山)
    f:id:dreamer61:20160213190444j:plain
    13:15 ダウンはあっという間で、国道246分岐着。 ここからは小田原に向かうのだが、今回はなんつっ亭でラーメンを食べようと、渋沢方面へむけ、右折
    f:id:dreamer61:20160213190445j:plain
    13:35 なんつっ亭渋沢本店到着 この時点で、当初の予定より1時間以上遅れていたものの、せっかくなので、ラーメンを食べることにした。
    f:id:dreamer61:20160213190450j:plain
    なお、「なんつッ亭」という看板は無く、「うまいぜベイビー」という看板が目印。(おかげで一度通り過ぎてしまった汗)
    f:id:dreamer61:20160213190451j:plain
    昼過ぎの時間帯でも、店内では10名ほど待ち客が。
    10分ほどで席に着く。
    (店内の様子)
    f:id:dreamer61:20160213190446j:plainf:id:dreamer61:20160213190447j:plain
    空腹モード全開だったため、トッピング全部のせのスペシャルラーメン(1050円)を注文。 黒いマー油が入ったスープが特徴的。f:id:dreamer61:20160213190448j:plain
    スープを飲むと、相変わらず「うまいぜベイビー」という文字が迎えてくれる。
    自分好みの豚骨系ラーメンだった。
    f:id:dreamer61:20160213190449j:plain
    秦野市から小田原へは、小さな山越えがあるのだが、あまりにも国道の通行量が多かったため、県道708号へ迂回したのだが、途中迷いまくり、時間をロスしてしまった。(この間写真なし)
    当初の目的は果たせた(通行量はかなり少なく、落ち着いて峠を越えることはできた)ものの、道迷いなどの影響で30分程度余分に時間がかかってしまった。

    14:56 ついに小田原市
    f:id:dreamer61:20160213190452j:plain
    曽我の梅林は、そろそろ満開といった雰囲気。多くの観光客でにぎわっており、道路も渋滞気味で思ったよりもスムーズに流れない。
    f:id:dreamer61:20160213190453j:plain
    15:30 そんなこんなで、本日の最終目的地、コロナワールド到着
    f:id:dreamer61:20160213190455j:plain
    といっても、目当てはあくまでも、中の温泉施設。(休日大人800円)
    一日の疲れを天然温泉でさっぱりと洗い流した。
    温泉自体も、どうやら箱根温泉よりも成分が濃い?らしいのか、それとも海が近いからなのか、すこししょっぱかった。
    f:id:dreamer61:20160213190454j:plain
    17:00 コロナワールドから20分ほど、小田原市を走って、小田原駅着。
     小田急輪行して帰宅した。
    f:id:dreamer61:20160213190456j:plain

  • 感想
    首都圏に来てから、一度は自転車で行っておきたかったヤビツ峠にようやく行くことができた。途中の宮ケ瀬ダム周辺や、渋沢周辺で道迷いで時間ロスをしたのは痛かったが、総じて快晴の下、久々のサイクリングを満喫できた。宮ケ瀬湖周辺の雰囲気も気に入ったので、また来てみたい。
    道迷いがなければもっとよかったのだが・・・・ああ、GPSナビを買おうか迷いどころ。
    本日の走行距離 98.6km
    以上